幼児のための知育WEB教材 ぱむ

学習サイトお問い合わせはこちら

「ぱむ」とは?

知識」を知恵に高める学習方法

~わからせるのではなく“共感”する。教え込むのではなく“対話”する~良質の知的経験を生む、先生の問いかけの言葉、お子さまの発話、お母さまとの対話・共感。
そうした良質の知的経験で、知識を知恵に高める独自のアウトプットスタイルです。

思考表現のセンスを磨く
学習プログラム

従来の領域別の学びではなく、それぞれの領域を横断的につなげることで、思考と表現のセンスを磨く構成です。

思考と表現のセンスを磨く6テーマ174ステージ 対象年齢3歳0ヶ月~6歳11ヶ月

知育プログラム 6テーマ174ステージ

役立つ数
“数”を計算から学ぶのではなく、生活に活かせる数を学べるように大切にカリキュラムを設計しています。お子さまが今後体験されるであろうシチュエーションの中で、数(加減乗除)の概念を磨き、その考え方を表現できる言語力も育みます。
ストーリータイム
親子でご一緒に視聴することで、対話が育まれる物語集です。お子さまが想像しやすいように、家族が主人公のお話や、かわいい動物たちが主人公のファンタジーなど、バリエーション豊かな内容となっており、ストーリーの続きをご家族で楽しく対話できるような仕組みになっています。
空間把握
生活の中にある具体物から形を想像することから始めます。自分に見えている姿だけが、そのものを現しているのではないことを、学びの体験から実感します。そのことから、どのような形の構成で成り立っているのかという構成力も磨かれるカリキュラムです。
記憶&メッセージ
幼児期は記憶できる範囲が広がる時期です。この時期に情報を自らキャッチし、それを持続させて、その内容を自分で表現することで興味の幅も広がります。見たり、聞いたりしたことを誰かに伝えるという体験の中で、活用できる語彙も増やしてまいります。
要約
初めて聴くお話のポイントをつかみ、大切だと思われる点に気づき、その内容をわかりやすく相手に伝える力を磨きます。このテーマでは、聴きながら同時に思考する機会を設けています。また、相手にわかりやすく伝えようとすることでコミュニケーション力も磨かれます。
量の感覚
お子さまにとって身近な材料を題材に、量の感覚を養うことを目的としたカリキュラムとなっています。量を測る、比較するための創意工夫、何より量というものがあることを知ることは、就学後の大きな助けとなります。

TOP▲